ホーム > 知っトク情報 > 「眼瞼けいれん」「片側顔面けいれん」について

ホーム > 知っトク情報 > 「眼瞼けいれん」「片側顔面けいれん」について

気になる眼の病気と症状 52

「眼瞼けいれん」「片側顔面けいれん」について

普段、目が乾きショボショボしたり、目が開けにくく困っていませんか? 50~70歳代の特に女性に多くみられる病気で、約7割が女性の方に現れます。

気になる眼の病気と症状 52

「眼瞼けいれん」「片側顔面けいれん」について

普段、目が乾きショボショボしたり、目が開けにくく困っていませんか? 50~70歳代の特に女性に多くみられる病気で、約7割が女性の方に現れます。

眼瞼けいれん

自分の意思に関係なく、両眼のまわりの筋肉が勝手にけいれんし、目が開けにくくなる病気です。

過剰なストレスが誘因になることがあります。まぶしい、目をつぶっていた方が楽、目が乾きショボショボするなど多くの症状を呈し、進行すると自分の意思で目が開けられなくなる場合もあります。

眼瞼けいれん

自分の意思に関係なく、両眼のまわりの筋肉が勝手にけいれんし、目が開けにくくなる病気です。

過剰なストレスが誘因になることがあります。まぶしい、目をつぶっていた方が楽、目が乾きショボショボするなど多くの症状を呈し、進行すると自分の意思で目が開けられなくなる場合もあります。

片側顔面けいれん

自分の意思に関係なく、顔の片側の筋肉だけが勝手にピクピクする病気です。

放っておいても自然に治ることはありません。主に片方の目の周囲や口がピクピクして進行すると筋肉のひきつけが起こります。

片側顔面けいれん

自分の意思に関係なく、顔の片側の筋肉だけが勝手にピクピクする病気です。

放っておいても自然に治ることはありません。主に片方の目の周囲や口がピクピクして進行すると筋肉のひきつけが起こります。

こんな症状はありませんか?

 

 

こんな症状はありませんか?

 

 

上記の症状でお悩みの方はぜひ医師に相談してみて下さい。

上記の症状でお悩みの方はぜひ医師に相談してみて下さい。

治療法 - ボトックス療法 -

ボツリヌス菌が作り出すA型ボツリヌス毒素(天然タンパク質)を有効成分とする薬で、ボツリヌス菌を注射するわけではないので、感染する恐れがありません。

25年前から行われている治療法で安全性は確立されています。けいれんを抑える治療ですが、治療効果3ヶ月程度で弱くなり、その都度治療していく必要があります。

ひとりで悩んでないで、思いあたる方はぜひ医師に相談してみてください。

治療法 - ボトックス療法 -

ボツリヌス菌が作り出すA型ボツリヌス毒素(天然タンパク質)を有効成分とする薬で、ボツリヌス菌を注射するわけではないので、感染する恐れがありません。

25年前から行われている治療法で安全性は確立されています。けいれんを抑える治療ですが、治療効果3ヶ月程度で弱くなり、その都度治療していく必要があります。

ひとりで悩んでないで、思いあたる方はぜひ医師に相談してみてください。

       
     
           

古川中央眼科      

     

〒989-6163
宮城県大崎市古川台町4-36

     

TEL:0229-22-6111

     

コンタクト室:

0229-22-5963

月曜〜土曜:

午前 8:30~12:00
午後 14:00〜16:30


休診:

木曜・日曜・祝日

     
     
       
         
ページの先頭へ