ホーム > 知っトク情報 > 視能訓練士ってどんな仕事?

ホーム > 知っトク情報 > 視能訓練士ってどんな仕事?

おしえて…Q&A

視能訓練士ってどんな仕事?

おしえて…Q&A

視能訓練士ってどんな仕事?

視能訓練士ってどんな仕事?

3国家資格を持ち、眼科の検査や弱視訓練を行います。

 

視能訓練士は医師の指示のもとにさまざまな目の検査を行い、視覚に関する機能訓練を行う専門職で、「視能訓練士法」という法律に基づく国家資格です。

眼科で行う検査には、視力や屈折、調節、視野、色覚、眼圧、眼球の運動、涙の量、眼底撮影など多くの種類がありますが、それらの検査をよく理解している視能訓練士が行うことによって、より正確な診断が可能になります。また、斜視や弱視の子どもを早く発見し、視能訓練をしたり、白内障や緑内障、糖尿病網膜症などで視力が落ちた患者さんに指導や訓練を行ったりするのも大切な仕事です。

視能訓練士は、高校を卒業後3年以上、あるいは短期大学や大学、看護学校を卒業後1年以上、決められた教育課程を修了し、さらに国家試験に合格することで資格を得られます。

現在、視能訓練士の活躍の場は眼科のクリニックや病院だけでなく、健診施設、学校や保健所、老人保健施設や福祉施設などにも広がっています。

当院でも3名の視能訓練士が検査や訓練にあたっています。

第44回日本白内障眼科学会および第20回日本眼内レンズ・屈折矯正手術学会で当院内海一夫が発表!!

 

さる6月17日から19日にかけて国立京都国際会館で開催された学会で、事務長の内海一夫がひとつのシンポジウムで発表の機会を与えられ、地域医療に取組む理念、姿勢、正しい医療情報等のあり方を詳しいデータを駆使しながら発表しました。 このような大きな学会で地方の一診療所が発表の機会を与えられたことは大変に光栄であり、今後も地域医療に真摯に取り組んでいく励みとなりました。

視能訓練士ってどんな仕事?

3国家資格を持ち、眼科の検査や弱視訓練を行います。

 

視能訓練士は医師の指示のもとにさまざまな目の検査を行い、視覚に関する機能訓練を行う専門職で、「視能訓練士法」という法律に基づく国家資格です。

眼科で行う検査には、視力や屈折、調節、視野、色覚、眼圧、眼球の運動、涙の量、眼底撮影など多くの種類がありますが、それらの検査をよく理解している視能訓練士が行うことによって、より正確な診断が可能になります。また、斜視や弱視の子どもを早く発見し、視能訓練をしたり、白内障や緑内障、糖尿病網膜症などで視力が落ちた患者さんに指導や訓練を行ったりするのも大切な仕事です。

視能訓練士は、高校を卒業後3年以上、あるいは短期大学や大学、看護学校を卒業後1年以上、決められた教育課程を修了し、さらに国家試験に合格することで資格を得られます。

現在、視能訓練士の活躍の場は眼科のクリニックや病院だけでなく、健診施設、学校や保健所、老人保健施設や福祉施設などにも広がっています。

当院でも3名の視能訓練士が検査や訓練にあたっています。

第44回日本白内障眼科学会および第20回日本眼内レンズ・屈折矯正手術学会で当院内海一夫が発表!!

 

さる6月17日から19日にかけて国立京都国際会館で開催された学会で、事務長の内海一夫がひとつのシンポジウムで発表の機会を与えられ、地域医療に取組む理念、姿勢、正しい医療情報等のあり方を詳しいデータを駆使しながら発表しました。 このような大きな学会で地方の一診療所が発表の機会を与えられたことは大変に光栄であり、今後も地域医療に真摯に取り組んでいく励みとなりました。

       
     
           

古川中央眼科      

     

〒989-6163
宮城県大崎市古川台町4-36

     

TEL:0229-22-6111

     

コンタクト室:

0229-22-5963

月曜〜土曜:


午前 8:15~12:00
午後 14:00〜16:30


休診:

木曜・日曜・祝日

     
     
       
         
ページの先頭へ