ホーム > 知っトク情報 > 多焦点眼内レンズ

ホーム > 知っトク情報 > 多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ

白内障手術は濁った水晶体を摘出し、人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入します。従来の眼内レンズはピントが1つの単焦点タイプしかありませんでしたが、最近では複数にピントを合わせることが可能な多焦点タイプが開発されました。

多焦点眼内レンズ

白内障手術は濁った水晶体を摘出し、人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入します。従来の眼内レンズはピントが1つの単焦点タイプしかありませんでしたが、最近では複数にピントを合わせることが可能な多焦点タイプが開発されました。

単焦点タイプ

単焦点の眼内レンズは1つの距離にピントを合わせることのできるレンズです。生活スタイルに応じて、遠く(景色)か中間(テレビ)または近く(新聞)のいすれかを見やすくする眼内レンズを選択します。

遠くにピントを合わせた場合、近くを見るときは近用のメガネが必要となります。

多焦点眼内レンズ

多焦点の眼内レンズは、単焦点の眼内レンズと異なり、遠くも近くもピントを合わせることができるレンズです。

遠くも近くもメガネを必要としない生活をしたいと考えられている方にお勧めです。

しかし、水晶体のように見たい所に正確にピントを合わせることは出来ませんので、ハッキリとピントを合わせるためにはメガネが必要となりますが、単焦点眼内レンズと比べメガネを使用する頻度は少なくなります。

多焦点の眼内レンズは、健康保険(社会保険や国民健康保険、後期高齢者保険)の適応を受けた手術ではなく、全額自費扱いの先進医療『多焦点眼内レンズを用いた白内障手術』です。手術費用は全て自己負担となります。

当院は、厚生省より「先進医療」の施設に認定され、術前・術後検査が健康保険適応となり、さらに、先進医療部分(自己負担分)は民間の先進医療特約つき生命保険の給付金の対象となります。

単焦点タイプ

単焦点の眼内レンズは1つの距離にピントを合わせることのできるレンズです。生活スタイルに応じて、遠く(景色)か中間(テレビ)または近く(新聞)のいすれかを見やすくする眼内レンズを選択します。

遠くにピントを合わせた場合、近くを見るときは近用のメガネが必要となります。

多焦点眼内レンズ

多焦点の眼内レンズは、単焦点の眼内レンズと異なり、遠くも近くもピントを合わせることができるレンズです。

遠くも近くもメガネを必要としない生活をしたいと考えられている方にお勧めです。

しかし、水晶体のように見たい所に正確にピントを合わせることは出来ませんので、ハッキリとピントを合わせるためにはメガネが必要となりますが、単焦点眼内レンズと比べメガネを使用する頻度は少なくなります。

多焦点の眼内レンズは、健康保険(社会保険や国民健康保険、後期高齢者保険)の適応を受けた手術ではなく、全額自費扱いの先進医療『多焦点眼内レンズを用いた白内障手術』です。手術費用は全て自己負担となります。

当院は、厚生省より「先進医療」の施設に認定され、術前・術後検査が健康保険適応となり、さらに、先進医療部分(自己負担分)は民間の先進医療特約つき生命保険の給付金の対象となります。

       
     
           

古川中央眼科      

     

〒989-6163
宮城県大崎市古川台町4-36

     

TEL:0229-22-6111

     

コンタクト室:

0229-22-5963

月曜〜土曜:


午前 8:15~12:00
午後 14:00〜16:30


休診:

木曜・日曜・祝日

     
     
       
         
ページの先頭へ