ホーム > 知っトク情報 > いろいろな機能を持った眼鏡

ホーム > 知っトク情報 > いろいろな機能を持った眼鏡

気になる眼の病気と症状 51

いろいろな機能を持った眼鏡

視力を矯正する以外にいろいろな機能を持つ眼鏡がありますので紹介します。

気になる眼の病気と症状 51

いろいろな機能を持った眼鏡

視力を矯正する以外にいろいろな機能を持つ眼鏡がありますので紹介します。

医療用遮光眼鏡

医療用のサングラスと考えていただけばよいのですが、光の成分のうち、まぶしさの原因となる部分だけを選択的にカットし、それ以外の成分は通すように作られた特別な機能を持つサングラスです。

目の病気からおこる「まぶしさ」は、白内障ではぎらぎらと光が散って見える、網膜疾患・神経性疾患では全体が白っぽくてまぶしく、物の輪郭がわかりにくいと表現されることが多いのですが、医療用遮光眼鏡はそのようなまぶしさを防ぎ、コントラストを高める効果があります。

サングラスなのに「暗く感じない」、「輪郭がはっきりする」という特徴を持つレンズが遮光眼鏡です。

遮光眼鏡は目の病気がある方の見え方をサポートするのによく使われますが、健常者でも夜間の運転、特に雨天時の対向車のヘッドライトや濡れた路面での光の反射などが軽減し非常に見やすくなります。実は私もそのような遮光眼鏡を持っていて、夜間や雪でまぶしい時にはしばしば使っています。

医療用遮光眼鏡

医療用のサングラスと考えていただけばよいのですが、光の成分のうち、まぶしさの原因となる部分だけを選択的にカットし、それ以外の成分は通すように作られた特別な機能を持つサングラスです。

目の病気からおこる「まぶしさ」は、白内障ではぎらぎらと光が散って見える、網膜疾患・神経性疾患では全体が白っぽくてまぶしく、物の輪郭がわかりにくいと表現されることが多いのですが、医療用遮光眼鏡はそのようなまぶしさを防ぎ、コントラストを高める効果があります。

サングラスなのに「暗く感じない」、「輪郭がはっきりする」という特徴を持つレンズが遮光眼鏡です。

遮光眼鏡は目の病気がある方の見え方をサポートするのによく使われますが、健常者でも夜間の運転、特に雨天時の対向車のヘッドライトや濡れた路面での光の反射などが軽減し非常に見やすくなります。実は私もそのような遮光眼鏡を持っていて、夜間や雪でまぶしい時にはしばしば使っています。

新しいタイプの近方視サポートレンズ

目は近くを見るときにピントを合わせるために目の調節力が必要ですが、眼鏡で遠くを見えるように補正しているため眼鏡をかけたまま近くを見ると疲れやすくなっています。近くを見るときの調節をサポートして、しかも遠方も周辺まですっきり見える工夫をしたレンズです。

勉強や携帯端末などを見ることが多い、目を酷使する若い世代にお勧めの新しいコンセプトのレンズです。

新しいタイプの近方視サポートレンズ

目は近くを見るときにピントを合わせるために目の調節力が必要ですが、眼鏡で遠くを見えるように補正しているため眼鏡をかけたまま近くを見ると疲れやすくなっています。近くを見るときの調節をサポートして、しかも遠方も周辺まですっきり見える工夫をしたレンズです。

勉強や携帯端末などを見ることが多い、目を酷使する若い世代にお勧めの新しいコンセプトのレンズです。

スポーツ(部活)用眼鏡

スポーツゴーグル眼鏡はボディコンタクトの激しいスポーツでも衝撃に耐えられるような構造になっています。キッズ用スポーツゴーグル眼鏡もあります。

スポーツ(部活)用眼鏡

スポーツゴーグル眼鏡はボディコンタクトの激しいスポーツでも衝撃に耐えられるような構造になっています。キッズ用スポーツゴーグル眼鏡もあります。

       
     
           

古川中央眼科      

     

〒989-6163
宮城県大崎市古川台町4-36

     

TEL:0229-22-6111

     

コンタクト室:

0229-22-5963

月曜〜土曜:

午前 8:30~12:00
午後 14:00〜16:30


休診:

木曜・日曜・祝日

     
     
       
         
ページの先頭へ