ホーム > メディカルチェック > コンタクトレンズと眼障害

ホーム > メディカルチェック > コンタクトレンズと眼障害

コンタクトレンズと眼障害

コンタクトレンズと眼障害

コンタクトレンズと眼障害

長期間、コンタクトレンズを装用されている方を診察するとアレルギー性結膜炎(巨大乳頭結膜炎を含む)や軽度の角膜上皮障害を多く見受けられます。コンタクトレンズ学会の報告では角膜浸潤や角膜潰瘍、虹彩炎などの重篤な障害も数多く報告されています。快適にコンタクトレンズを使用するために眼科専門医による定期的な検査が必要です。

コンタクトレンズによる目の病気は次の4つに大きく分類されます。
「慢性の酸素不足」によって生じる病気
角膜上皮障害、角膜内皮障害、
角膜新生血管
「感染」が伴なって生じる病気
角膜浸潤、
感染性角膜潰瘍
「アレルギー反応」によって生じる病気
アレルギー性結膜炎、
巨大乳頭結膜炎
「ドライアイ」によって生じる病気
点状表層角膜炎

主なコンタクトレンズによる眼障害

●巨大乳頭結膜炎(GPC)

アレルギー結膜炎はレンズに付着した汚れが抗原となり引き起こします。また、結膜に乳頭(湿疹の大きいもので直径が1ミリ以上)増殖があるものを巨大乳頭結膜炎(GPC)と云いレンズの装用は困難となります。

●点状表層角膜炎(SPK)

主に酸素不足が原因であり、レンズを無理に長時間装用した場合や古く汚れたソフトコンタクト装用の際に多く見られます。

●角膜血管新生

過度な汚れの沈着や、充分に酸素を供給しないコンタクトを装用することによる慢性の酸素不足が原因とされています。

●角膜潰瘍

角膜潰瘍は重篤な場合には視力障害の原因となります。原因は角膜上皮の損傷が生じた所に、レンズ面に付着した細菌により感染症へと進展します。毎日のレンズ消毒が重要です。

●角膜内皮障害

角膜内皮細胞は角膜の透明を維持するために必要不可欠な細胞です。酸素透過性が低いレンズや長期間連続装用を続けると細胞数が減少したり形が不揃いとなります。重篤な場合は視力障害の原因となります。

コンタクトレンズと眼障害

長期間、コンタクトレンズを装用されている方を診察するとアレルギー性結膜炎(巨大乳頭結膜炎を含む)や軽度の角膜上皮障害を多く見受けられます。コンタクトレンズ学会の報告では角膜浸潤や角膜潰瘍、虹彩炎などの重篤な障害も数多く報告されています。快適にコンタクトレンズを使用するために眼科専門医による定期的な検査が必要です。

コンタクトレンズによる目の病気は次の4つに大きく分類されます。
「慢性の酸素不足」によって生じる病気
角膜上皮障害、角膜内皮障害、
角膜新生血管
「感染」が伴なって生じる病気
角膜浸潤、
感染性角膜潰瘍
「アレルギー反応」によって生じる病気
アレルギー性結膜炎、
巨大乳頭結膜炎
「ドライアイ」によって生じる病気
点状表層角膜炎

主なコンタクトレンズによる眼障害

●巨大乳頭結膜炎(GPC)

アレルギー結膜炎はレンズに付着した汚れが抗原となり引き起こします。また、結膜に乳頭(湿疹の大きいもので直径が1ミリ以上)増殖があるものを巨大乳頭結膜炎(GPC)と云いレンズの装用は困難となります。

●点状表層角膜炎(SPK)

主に酸素不足が原因であり、レンズを無理に長時間装用した場合や古く汚れたソフトコンタクト装用の際に多く見られます。

●角膜血管新生

過度な汚れの沈着や、充分に酸素を供給しないコンタクトを装用することによる慢性の酸素不足が原因とされています。

●角膜潰瘍

角膜潰瘍は重篤な場合には視力障害の原因となります。原因は角膜上皮の損傷が生じた所に、レンズ面に付着した細菌により感染症へと進展します。毎日のレンズ消毒が重要です。

●角膜内皮障害

角膜内皮細胞は角膜の透明を維持するために必要不可欠な細胞です。酸素透過性が低いレンズや長期間連続装用を続けると細胞数が減少したり形が不揃いとなります。重篤な場合は視力障害の原因となります。

       
     
           

古川中央眼科      

     

〒989-6163
宮城県大崎市古川台町4-36

     

TEL:0229-22-6111

     

コンタクト室:

0229-22-5963

月曜〜土曜:

午前 8:30~12:00
午後 14:00〜16:30


休診:

木曜・日曜・祝日

     
     
       
         
ページの先頭へ